記事一覧

20代女性に人気の腕時計

【ワンランク上の腕時計ならココ♪】ハミルトンは海外ブランドながら予算10万円くらいで買える上質な腕時計を取り揃えています。デザインは「シンプル・カジュアル・アクセ感覚」まで色々、その多彩なラインナップも魅力です。
ハミルトンって?
上質でコストパフォーマンスに優れた腕時計を取り揃えているアメリカ発の腕時計ブランド。カジュアル腕時計で人気の「カーキ フィールド」や三角形の「ベンチュラ」など、そのデザイン性も高く評価されています。

ハミルトンレディース腕時計1

 【1位】ジャズマスター H32261115 

気品・落ち着き・クラス感といったイメージをコンセプトにした「シンプルイズベスト」な腕時計。
どんなシーンにも使え、小ぶりな27mm、ベーシックな30mm、大きめ34mmと3種類の大きさから選べるのもポイントです。
 
ハミルトンレディース腕時計2

 【2位】ジャズマスター H42221155 

知的で品格ある女性をイメージしたエレガントな腕時計。流行に左右されない洗練された飽きのこないデザインが支持されています。
 レプリカ時計
ハミルトンレディース腕時計3

 【3位】バグリー H12351155 

曲線美を活かした上品でクラシカルな腕時計。オフィスカジュアルやシャツスタイルを知的に演出してくれる”大人”な腕時計です。

アニエスベーのおすすめ腕時計

「さりげないのにオシャレに着けられる♪」そんな腕時計で大学生・高校生を中心に人気のあるアニエスベーは、フランス生まれのカジュアルファッションブランド。

アニエスベー腕時計1

ちょっぴり大きめフェイスが印象的なユニセックスデザインの腕時計。彼とのお揃い(ペアウォッチ)としても楽しめます♪

アニエスベー腕時計2

手書き風の数字がリラックス感を上げるソーラーウォッチ。合わせやすい!お手入れも簡単!なロングセラーモデルです♪

アニエスベー腕時計3

「気分はアンティークジュエリー♪」スクエア型×メッシュバンドに、カットガラスや秒針についた☆などディティールがとっても可愛い腕時計です。

オーヴァーシーズ・デュアルタイム


「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」の新作モデルでは、ブラックラッカーダイヤルとコントラストの効いた、18Kゴールド製のインデックスや針をケース内にセット。直径41mmのステンレススティールによるシルバーのケースには、「オーヴァーシーズ」コレクションにおいて象徴的な6角形のベゼルを施した。

ストラップは付け替え可能な3本が付属する。ステンレススティール、ラバー、アリゲーターの3種各1本ずつがセットになっており、シーンや気分によって雰囲気を変えることが可能だ。

また、「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」はその名の通り、2つのタイムゾーンを同時に表示する機能を備えている点も特徴。3本のセンター針でローカルタイム(現地時間)を示す一方で、4本目の赤いセンター針でホームタイム(生活拠点時間)を示している。

オーヴァーシーズ・レディ・クォーツ

「オーヴァーシーズ・レディ・クォーツ」は、直径33㎜のケースを用い、フェミニンな表情をスポティーなテイストと融合した一本。輝くダイヤモンドベゼルで縁取ったダイヤルは、ブラックラッカーとサンバースト仕上げを施し、ファセットを刻んだ18Kホワイトゴールドのインデックスを配置した。

ブラックダイヤルとブルーデニムダイヤルの2種のステンレススティールケースのモデルに加え、シルバーダイヤルのピンクゴールドのモデルもラインナップ。ピンクゴールドのケースは、よりフェミニンで華やかな雰囲気を醸し出す一本に仕上がっている。

シャネル×大人の人気腕時計2選


芸能人御用達でも有名! 斬新なスタイルと独自のデザインで旋風を巻き起こしました。

世界のファッション業界を絶えずリードしている『シャネル』のウォッチは、マドモアゼルシャネルの精神を受け継いだ、マスキュリンでフェミニティが宿る。
時代の息吹を取り入れて、常に進化しています。数々の名品は、デイリーなエフォートレスな装いをもラグジュアリーに引き上げてくれます。

【上】
端正でエレガントな時計とモノトーンのルックスで気分はマスキュリン…。2020年の新作は、ステンレススティールのケースに、オパールホワイトのダイヤルの組合わせ。新しくなったストラップは、カーフレザーにふっくらしたキルティングパターンを施したデザイン。インターチェンジャブルなので、簡単な操作で付け替え可能。全19種類から選択可能。
■[34.6mm×26.7mm / SS / DIA / カーフストラップ / クオーツムーブメント]\970,000

【左下】
男性的なものの中に見いだす女性らしさ。そんなエスプリにあふれた「ボーイフレンド」。大きめのサイズ、は、まるでパートナーの時計を身につけているような、感覚に。
キルティングパターンのストラップが、シャネルらしい遊び心。ストラップは、簡単につけ替えられるインターチェンジャブル仕様となっています。
■(ケース34.6×26.7mm、クオーツ、SS、ダイヤモンド、カーフストラップ 970,000円

【右下】
今年で誕生4年目を迎えた、シャネルのアイコンウォッチ「ボーイフレンド」は、レクタンギュラーをモダンにアレンジした八角形のケースデザイン。マスキュリンとフェミニンがこの上ないバランスで共存するエターナルに愛せる洗練がここに。 日本の美しき文化である着物に通じるように、直線だけで描かれるデザインには、品格や知性を感じさせるものがあります。

腕時計も然り。 レクタンギュラー(長方形)ケースから受け取るのはインテリジェンスな印象で、それは女性の聡明さを引き出すもの。端正でありながらモダンさも薫るフォルムはスタイルや個性を問わず、実は似合わない人が少ない、一番合わせやすい形でもあります。

J12

存在感のある時計に引き算したスタイル…オシャレのキャリアが香ります…。

2000年に誕生以来、ウォッチメイキングの世界に一石を投じ、21世紀のアイコンウォッチと称され、人気は不動のものに。

革新的なこのセラミックウォッチは、モダニズムの象徴的な腕時計として、多くのファッションリーダーに愛され続けています。
2019年にはリニューアルし、一見変わらないようで、細部にわたり新しい息吹が吹き込まれました。2020年秋には、サイズダウンした新作7型がお目見え。

NERVモデル


登山道や林道などの舗装されていない自然の中を走るトレイルシューズをコンセプトにした、ボリュームソールが印象的な「インタレーション」には、2モデルをラインナップ。モノトーンの「NERVモデル」には、レッドで差し色。象徴的なモチーフのヘキサゴンパターンも施した。

コンステレーション


「世界中のセレブに愛用されている」女性に1番人気のあるエレガントでドレッシーなモデル。コンステレーションは英語で”星座”を意味していて、6時位置に星のマーク、裏蓋には天文台が刻まれています。

バッグも華やかにアップデート


アイコニックな旅行鞄「キーポル」も、甘美なパステルカラーを纏って登場する。メゾンのトランクから着想を得たショルダーバッグ「トランク・メッセンジャー」は、コーナー部分のレザー強度を高め、調節可能なストラップを配することでデイリーに使用できる仕様へ。

コーディネートを鮮やかにアップデートしてくれるバッグは、持つだけで旅に華を添えてくれるはず。

タグ・ホイヤー×藤原ヒロシのフラグメントのコラボ腕時計第2弾、赤をアクセントにした黒ダイヤル

タグ・ホイヤー(TAG Heuer)は、藤原ヒロシのフラグメント デザイン(fragment design)と2度目のコラボレーション。限定腕時計「タグ・ホイヤー x フラグメントデザイン キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ」を2020年7月下旬より発売予定だ。

タグ・ホイヤー×藤原ヒロシのフラグメント デザイン、コラボ第2弾腕時計

2018年の第1弾に続く、タグ・ホイヤーと藤原ヒロシのフラグメント デザインとのコラボレーション。第2弾となる今回は、1960年代と1970年代のタグ・ホイヤーのモーターレーシングモデルに使用されていたCケースモデルを再解釈したミニマルなデザイン。時計の構造を最低限まで細かく削ることで、ベゼルの象徴的なタキメータースケールを強調し、過剰な装飾をなくした。

“レッド”をアクセントにしたブラックダイヤル

ブラックオパーリンダイヤルには、3時と9時位置にブラックエンボスサブカウンターを備え、6時位置に日付ウィンドウ、4時と5時の間に「FRAGMENT」ロゴを配した。ダイヤル上には「TAG Heuer」ロゴとフラグメントを象徴するイナズマもあしらわれている。また、ブラックを基調としたダイヤルに、ポップな印象を与えるレッドインデックスとレッドラッカーを施した針は、この時計を象徴するデザインのひとつとなっている。

約80時間のパワーリザーブを誇る自社製ムーブメント搭載

レッドサファイアクリスタルを採用したケースバックからは、自社製ムーブメント ホイヤー02を眺められる。非常に正確に時を示すこのムーブメントは、約80時間のパワーリザーブを誇る。なお、ケースバックには、同モデルの特別感を強調するフラグメントデザインのロゴと限定シリアルナンバーの刻印が施されている。

ブレスレットには、バタフライフォールディングバックルを備えたステンレススティール製5連ブレスレットを採用。細かく磨かれたがゆえの美しい艶は、腕元を洗練した印象へと導いてくれる。

転載アドレス:https://www.fashion-press.net/news/61754

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ